洗車場を周辺で探すならこのサイトが便利!

Home > 周辺の洗車情報 > 洗車後のワックスをすると汚れの付き方が違ってくる

洗車後のワックスをすると汚れの付き方が違ってくる

洗車後に行うワックスは種類が多すぎてわからない人が多くいます。
ワックスや洗車は定期的に行うことによって車に汚れをつきにくくします。
定期的に洗車やワックスがけをしていない人とでは汚れの付き方が全く違います。
ワックスには固形タイプと半練タイプ、液体タイプと拭くだけの布タイプがあります。
固形タイプは基本的にコンパウンドが含まれていない塗装面の保護を目的に作られています。
ワックスをスポンジにとって塗り込んでいくタイプで主に撥水性の性質があります。
カルナバロウなどを多く配合していて、ポリマーコーティングでは出せない深みがあるツヤを出すことができます。
また最近では配合成分としてフッ素樹脂などのハイブリッドタイプも主流となっています。
コンパウンドが含まれていないため、汚れをしっかりと落としてから施工する必要があり手間が掛かります。


半練ワックスは基本的にコンパウンドが含まれていて、ワックスをすると水垢の除去も一緒に行うことができるタイプも多いです。
ワックスと一緒に汚れも落とすことができ施工性がよいため利用する人が多いです。
最近では固形ワックスもハイブリッド化していて固形タイプと半練タイプの区別はコンパウンドの有無です。
液体ワックスは施工性が高く性能も優れていて、ワックスの中で注目されているタイプです。
液体ワックスにはコンパウンドが含まれているものと含まれていないものがあるため、目的に合ったものを選ぶためには商品を確認してから購入します。
特に鏡面仕上げや水垢落としの効果を謳っている液体ワックスはほとんどが超微粒子のコンパウンドなどが配合されています。
拭くだけのワックスは袋の中にワックスとクリーナーが含まれている布が入っています。


ウェットティッシュによく似ていますが拭くだけなので手軽に利用することができますが、効果の持続力やツヤ出し効果、撥水性など全てにおいてそれなりの性質です。
ただし手軽なことから需要は高く拭くだけワックスでも種類が豊富に販売されています。
最近はすべてのボディカラーに使うことができるワックスが増えてきてますが、ワックスによっては淡色用や濃色用など種類があります。
淡色の車は他の色の車よりも水垢やシミなどの汚れが目立ちやすく半練タイプが多いです。
濃色用の車にはツヤを出す固形ワックスが利用されていて、黒などの濃色はツヤがあると高級感がアップします。
メタリックはあまりお手入れをしていなくても汚れが目立たない色ですが、表面のクリア層が大変デリケートなためクリア層が傷がつかない素材が利用されています。
ワックスによって成分の内容が違うため自分にあったワックスを利用すると洗車を楽しくすることができます。

次の記事へ

カテゴリー