洗車場を周辺で探すならこのサイトが便利!

Home > 周辺の洗車情報 > 洗車の際は周辺の状況に気を配るべきです

洗車の際は周辺の状況に気を配るべきです

自動車というのは外を走行し、外に保管しておくのが普通です。
ガレージ等に保管するのであればあまり汚れることもありませんが、普通は泥等の汚れにまみれてしまうので洗わなくてはなりません。
しかし自分の敷地内であればそれほど気にすることもないのでしょうが、住宅や他の建物が密集した場所で洗車する場合、周辺の状況に気を配る必要があります。
車は普通、水で洗います。
ホースで水を掛けてタオルで優しく汚れを落としたり、高圧洗浄機で汚れを落としたりしますが、その際注意しないと水飛沫が周りに拡散することが多分にあります。
特に風が強い日はなおさらです。
隣近所の家屋や洗濯物等にかかったりするとトラブルの原因にもなりかねません。
車が綺麗になるのは大変気持ちのいいものですが、洗車する際には周辺の状況にも注意して行うのが常識と言えるのではないでしょうか。



洗車出来る所を自宅の周辺で探す

自宅で車を洗う事も出来ますが、意外と手間がかかる場合もあります。
おすすめは、ワンコイン洗車などを行っている所へ行って洗車する事です。
周辺に気を使う事なくきれいにする事が出来ます。
水洗いし、必要であれば専用洗剤を使用して車のボディをきれいにしていきます。
汚れを取り除き乾かします。
その後、ワックスがけをしておくと汚れ予防になもなりますし、光沢が出てきれいな状態になります。
ガソリンスタンドなどで行う自動洗車に比べて手作業は隅々までいき届きますので、たまには挑戦してみるときれいです。
車の汚れは車のカラーによって目立ち方が違います。
例えば、ほこりなどは黒などダークなカラーの場合目立ちます。
また逆に水はねの汚れや泥などは白など淡いカラーの場合目立ちます。
マイカーのお手入れは定期的に行うといつでもきれいな状態で乗る事が出来ます。



洗車する時に周辺へ水をまき散らしたくない場合

洗車の時はホースで水を掛けますから、慎重にやっていても意外に周辺へ水を飛ばしてしまいます。
そこで、もしも周辺を水浸しにしたくない時は、ペットボトルを使った洗車が上策です。
例えば、飲み終わったミネラルウォーターの2リットルのペットボトルなどを利用しますと、周辺へ水をまき散らさずに済みます。
何回かペットボトルに水を補充する必要はありますが、ホースで水を出しっぱなしにして洗う時と比較して、大幅に節水できるメリットもあります。
そのうえ、大量の水で足元がべちゃべちゃになることも防げますので、比較的快適に洗えます。
また、ホースで洗いますと、ホースで車体を傷付けてしまう場合もありますが、ペットボトルを使った洗車ならそれもないのが利点です。
早朝や夜など、ご近所の迷惑にならないよう、静かに洗いたい場合にもピッタリです。

カテゴリー